Amazon Echoでできること(英語版):ツイッターを読み上げさせた

2016年、アメリカにいてAmazon Echo(アマゾン エコー)を買った僕は、この新生物みたいなEcho/Alexa(アレクサ)ができることを、いろいろ試してみた。音楽をリクエストしてかけさせたり、フラッシュニュースを流させたり……その次にやったのは、ツイッターを読み上げさせることだった。

Echo/Alexa(アレクサ)はツイッターを読み上げることができる、と言い切っていいかどうかは分からないけど、少なくとも英語版Echo/Alexaではできた。ドイツ語版や、将来の日本語版ではどうなのかな……僕は、ハイテクエンジニアたちが何とかしてくれると信じている。

何かしながらもツイートが気になるとき便利

僕はあんまりツイッターをやらないんだ。だから本当を言うと、Alexaにツイートを読み上げさせる機能はいらない。でも、時たま、自分のツイートがどんな反響を呼ぶか気になることがある。(反響、と言っても、ごく内輪でだけど)

そんなとき、何か別の仕事をしながら、Alexaに尋ねてツイートを調べてもらい、読み上げてもらえたのは便利だったよ。

Alexaはツイートをこんなふうに読んでくれる。

  • 僕がフォーローしている他ユーザーの最新ツイートを読み上げてくれる。
  • ツイッターの「トレンド」(全世界、特定の国、地域で話題になっているキーワードのまとめ)を読み上げてくれる。特定の地域(ニューヨークとかシカゴとか)を指定するのも、もちろんできる。
  • 「メンション」(僕のユーザー名が書かれている他人のツイート)を読み上げてくれる。もっと尋ねると、「メンション」している人のプロフィールなども教えてくれる。
  • 誰かが僕をリツイートしているかどうかを教えてくれる。もちろんそのユーザー名やリツイートの文章、リツイートされた僕のツイートも読み上げてくれる。
  • 僕が「いいね」や「ファボ」した相手の、最新ツイートを読み上げてくれる。
  • 僕自身のツイートを読み上げてくれる。(これ、どう役立つか意味不明)

これには有効化が必要

ツイッターを読み上げる機能は、最初から使えるようにはなっていない。Amazonのサイトに行って(Alexaアプリからもできる)、「有効化」しなきゃいけないんだ。

やり方は難しくない。サイトに行くと、Alexaができること(Amazonはこれをスキルと呼んでいる)が一覧になったページがある。そこから「Twitter Reader」という(スキルの)名前を見つけて、その横にある「Enable(有効化)」のボタンを押すだけ。

Echo/Alexaには、こんなふうに、有効化しないと使えない機能がたくさんある。それを一覧で見て行くのも結構楽しいんだ。「お、こんなこともできるんだ」っていう驚きがある。僕はこれが癖になって、いっとき、変なスキルを見つけては片っ端から有効化していた。