Amazon Echoでできること:Kindle本を読み上げさせた

僕はアメリカにいた時、英語の勉強のために洋書のKindle本を買って読んでいた。主に小説だった。ある時「これをAlexaに読み上げさせたら、リスニングの勉強にもなる」と思い、やってみた。そうしたら、できたことはできたんだけど、ちょっとした問題が残った。

アメリカのテレビやラジオは、喋りが速い。それに、スラングなんかも沢山出て来るので、リスニングの勉強にはあまり向いていない。(少なくとも僕には)

それである時、Kindle(キンドル)本をEcho/Alexaに読ませたらいいんじゃないか、と思いついたんだ。小説ならスラングだらけということはないし、Alexa(アレクサ)なら落ち着きのある速度で読んでくれるはずだから。

Alexaの方が人間的

僕はKindle(Kindle本を画面表示させる機械本体)を持っていて、それにも音声読み上げ機能が付いている。以前に、それで読み上げさせたことがあったんだけど、文の切れ目を無視して棒読みするから、特に英語だと、何言ってるかわすぐに分からなくなる。

それに比べると、Alexa(アレクサ)の読み上げ方はずっと人間的だった。さすが人工知能と言うだけある。意味の上で切れる場所で、間を取りながら読んでいく。だから英語学習者にも分かりやすい。

問題発生

さて、Echo/AlexaにKindle本を読ませるのは簡単だった。「読め(Read)」と言ってから本のタイトルを言えばいい。好きな場所で止めたり再開したりできるし、パラグラフ単位で後ろに戻ることもできる。

僕がEcho/Alexaにいくつかの本を読み上げさせているうちに、問題が2つ発生した。1つは、本のタイトルを伝えても、本によっては「音声読み上げがサポートされていない」というようなことを言って、読んでくれないことだ。

これは後から調べて分かったんだけど、Kindle本には、Alexaの音声読み上げに対応していないものがある。理由はよく分からないけど、Kindle本なら何でもいいってわけじゃないようだ。日本版Echoで本を読み上げさせたいなら、Kindle本を買う前にこの点を確認しておくといいんじゃないかな。

もう1つの問題は、ちょっと深刻だった。Alexaが本を認識してくれないことがあったんだ。スマートフォンのアプリの中には、ちゃんとその本が表示されているのに、Alexaは「本が見つかりません」と言う。これはどうしてそうなるのか……いまだに分かっていない。

(追記:後日、日本へ戻ってからもこの問題は解決せず、日本のユーザーも同じ現象で悩まされていると知った。だから、僕はKindleより、オーディブルのオーディオブック/ボイスブックを聴くようにしている。洋書が充実していて英語の勉強にもなるし、今はEchoでも聴けるようになっている。(詳しくはAmazonサイトのAuduble説明ページか、本ブログ記事『Amazon Echoでオーディオブック「Audible」が聴けるようになった!』を参照)

そのまま寝てしまいたいとき

こういう使い方は邪道だと思うけど、僕は、睡眠薬代わりに、この読み上げ機能を使うことがある。ベッドサイドにEcho Dotを置いて、Kindle本を読ませるんだ。英語だからすぐ眠くなる。

そういう時は、Echo/Alexaに「◯◯分のスリープタイマーをセットしてくれ」と言っておくといい。Alexaは読み上げながら、同時に時間も計り、決まった時間に止めてくれる。

こんなふうに、2つの仕事を一緒にやらせられるのも、Amazon Echo/Alexaのいいところだと思う。

参考リンク