Amazon Music Unlimited入会前に聴きたい邦楽があるかを知る方法

Amazon Music Unlimitedの場合、入会前に配信曲が確実に分かるよ。Amazon Echoユーザーなら月額380円になる音楽配信サービスが、「アマゾンミュージックアンリミテッド(Amazon Music Unlimited)」。配信曲数は4,000万曲と多いけど、アメリカ発のサービスだけあって邦楽が少ないという噂が飛んでいる。そこで今回は、聴きたい曲が本当にあるかどうか、入会前に確認する方法を、この記事の後半でご紹介しようと思う。

Amazon Music Unlimitedが30日間無料! 公式サイトへ→

Echoユーザーなら月額380円のコースあり

Amazonの新しい音楽配信サービス「アマゾンミュージックアンリミテッド(Amazon Music Unlimited)」は、4,000万曲が聴き放題になる音楽配信サービス。4,000という曲数はSpotifyやLINE music、Apple music、AWAが公表している数字と変わらない(Google Play Musicは約3,500曲)。

お値段の方もこれまた他社の有料プランとピッタリ同じで、基本は月額980円。ただ、Echoユーザー限定で月額380円の割安コース(Echo プラン)がある。(下はAmazonサイトにある料金表)

「ファミリープラン」は月額1,480円と高いけど、そのぶん6人まで使えるようになっている。他の「個人プラン」と「Echoプラン」は1人用。

この表を見ると、Echoプランの月380円は非常にお得に見えるね。けど、そこにはそれなりの理由があって、Echoでしか音楽が聴けない。他のプランだとEchoはもちろん、パソコンでも、スマホやタブレットやFire TVでも聴けるけど、EchoプランはEchoだけ。

これがいいかどうかは、その人のライフスタイルによるんじゃないかな。僕は、音楽はスマホやPCじゃ聴かないので、Echoプランで十分。

それぞれのプランがどのデバイスで聴けるかは、Amazonのページで確認できるよ。

あと、あなたが今Amazonプライムの会員なら、980円じゃなく、月780円でアンリミテッドに入ることができる。(この場合、プライムの会費も払うことになるけど、聴ける曲は100万曲から4,000万曲へ、40倍に増えるよ)

Amazon Music Unlimitedが30日間無料! Amazonの専用申込ページへ→

邦楽が少ないという噂が飛んでいるけど

アマゾンミュージックアンリミテッドはアメリカ発の配信サービスだけあって、洋楽には強いけど、邦楽は弱いと言われている。「ミスチルがない」とか「サザンオールスターズがない」とか、「GLAYはあったけどすごく少ない」とか、いろいろな噂がネットを飛び交っているんだ。

で、噂は噂として置いといて、誰でも確かなことを知りたいんじゃないかと思う。4,000万曲あろうが1億曲あろうが、入会して聴きたいアーティストの曲がなかったら馬鹿馬鹿しいからね。そこで、それを確実に調べる方法を紹介するよ。

複雑なことは必要ないんだ。Amazonのサイトに行けばいい。入会する必要はないし、無料お試し会員になる必要さえない。

曲があるかを調べる方法

1. Amazonサイトの「デジタルミュージック」部門に行く

まず、Amazonサイトの「デジタルミュージック」部門に行く。そして、ページの一番上にある検索窓に、聴きたいアーティスト名(もちろん曲名やアルバム名でもいい)を入れる。

→Amazonのデジタルミュージック部門を開く

2. 検索すると全デジタルミュージックが並ぶ

例えば「AKB48」と入れて検索(右の虫眼鏡マークをクリック)すると、下のように、売られている曲やアルバム、プレイリストなどがまず10点ほど並ぶ。

この中で、アマゾンミュージックアンリミテッドで聴けるものは、「Amazon Music Unlimitedで聴く」と表示されているから、すぐにわかる。

これだけでも、曲があるかないかは大雑把に分かるけど、もうちょっと詳しく調べた方がいい。そうするには、

3. 検索条件を「Amazon Music Unlimited」にする

ページ左側にある検索条件メニューの中に、「Amazon Music Unlimited」というのがあるから、それにチェックを入れる。

4. アンリミテッドで聴ける曲だけが並ぶ

そしてもう1度検索する(「AKB48」と入った検索窓の虫眼鏡マークを再度押す)と、今度はAmazon Music Unlimitedで聴ける曲・アルバム・プレイリストだけがずらりと並ぶ。(『もっと見る』で全曲見れるよ)これで聴ける曲がどれだけあるかを、具体的に把握できるというわけ。

こうやって調べるときに注意するといいことがある。例えば、今のところアンリミテッドには1曲もないポルノグラフィティだけど、検索すると出てくるんだ。ただしオルゴール曲やカラオケが。

Amazonは、アーティスト名で検索すると、本人が演ってないオルゴールやインストゥルメンタル、カラオケ、着メロなんかも混ざって出てくる。この点は注意だね。

(最近の人気アーティストについて、曲の有り無しを調べた一覧表はこちら

Amazon Music Unlimitedが30日間無料! Amazonの専用申込ページへ→

その他Unlimitedのちょっとしたメリットと、Echoユーザーのもう1つの選択

最後に、アマゾンミュージックアンリミテッド(Amazon Music Unlimited)のちょっとしたメリットを挙げておこうと思う。

曲間に広告が流れない:無料の音楽配信サービスにはたいてい広告が流れるけど、アンリミテッドに広告は流れない。有料サービスなので当然かな。

楽曲をダウンロードできる:ダウンロードしてオフラインでも聴ける。ただしAmazon Echoで聴くときは別。Echoにはダウンロードする機能そのものがない。

Amazonでは、1カ月間アンリミテッドを無料体験できる。もちろんだけど、無料会員になってから聴きたい曲を調べてもいい。(会員ページの方が少し楽に探せる)

(この無料会員は、放っておけば自動継続して有料になるけど、会員ページ最下部の「Amazon Musicの設定」→「会員登録をキャンセルする」→「更新しない」と進めば、1カ月後に継続せず、自動退会するように設定できるよ)

Amazon Music Unlimitedが30日間無料! Amazonの専用申込ページへ→

Amazon EchoとAmazonの音楽配信は、様々な点で相性がいい。だから、Echoユーザーにはおすすめしたいんだけど、聴きたい邦楽がなかったんじゃ意味ないよね。

そういうときは、「dヒッツ」という選択肢がある。今のところ(2017年12月)Echoで聴ける音楽配信サービスはAmazonのものと「dヒッツ」の2つだけ。NTT docomoが運営している「dヒッツ」は日本人向けだから邦楽に強い。(追記:2018年から、auの「うたパス」も聴けるようになっている)

参考リンク: