【Amazon Echo Dotレビュー】お手軽価格でアレクサを全部体験できる!

Echo Dotを買う→

これを買う理由

  • 圧倒的に安い
  • どこにでも置ける小ささ
  • すでに持っているスピーカーやオーディオセットと、ケーブル・Bluetoothで繋げられる

買うのを見送る理由

  • 内蔵スピーカーの音が貧弱。音楽には外部スピーカーがほぼ必須
  • プラス6,000円程度で遥かに音のいいEcho(スタンダード)が買える

スマートスピーカーを使ってみたいけど、1万円以上するスタンダードEchoは「高い」と感じている方に、このEcho Dot(エコー・ドット)は最適です。

Echo Dotは低価格ですが、最高ランクに入るスマートスピーカのひとつ。買っても役立つのか? と半信半疑のときや、とりあえず試してみたいというときに特にお勧めします。

また、すでに高性能のオーディオセットを持っているという音楽ファンにも、Echo Dotは賢い選択です。

デザイン

円盤型をしたEcho Dot(エコー ドット)は、ちょうど、スタンダードEchoの上3cmほどを輪切りにしたような見た目です。(正確なサイズは、厚さ32mm×84mm×84mm)

外周に沿って青く光る輪がステータス表示の役割をし、これの光り方を見れば作動状態が分かるようになっています。

光の輪の内側に円形に並んだ穴は、いわばEchoの耳。穴の下に配置されたいくつものマイクが、あなたの声を聴き取ります。また、同じような穴が底面にも開いており、そこから内蔵スピーカーの音が聴こえます。

底面にはやや貼りつく感じの粘着性樹脂がコーティングされ、滑らないようになっています。

上面にはボリューム調節など4つのボタンがあります。「+」「−」印のボタンでボリュームの上げ下げを。右側のドット「・」印のボタンは「アクションボタン」といって、ここを押すとEcho Dotがあなたの命令や指示を聞く体勢に入ります。(声で「アレクサ」と呼びかけても同じことなので、このボタンはあまり使いません)

左側の「マイクロフォンに斜線」マークのボタンはマイクオフボタンで、これを押すと、Echoの耳である内蔵マイクをon/offできます。

ボディの色は光沢のあるホワイトとブラックの2色。このレビューでは光沢ブラックを使用しましたが、ブラックは、持った際につく指紋が非常に目立つという難点がありました。ホワイトは、キッチンなどタイル張りのインテリアに良く合うという評判があります。

ホワイト/ブラックのどちらも好みでない場合、純正の別売りカバーケースが6色用意されています。

重量は160gと軽く、他のEcho(スタンダードEcho、Echo Plus)と比べて、部屋から部屋へ楽に運べます。ただ、充電式ではないため、持ち運びながら使うことはできません。(電源コードをコンセントに差し込む必要があります。これは他のEchoも同じ)

Amazon.com

また、他のEchoと比べてEcho Dotは小さいので、どんな部屋に置いてもインテリアを邪魔しません。

Echo DotをAmazonで見る→

初期設定

買ったばかりのEcho Dotを使い始めるには、まず電源コードをコンセントに差し込んでから、専用のAlexaアプリで初期設定をします。

このAlexaアプリは、スマートフォンでGoogle PlayやApp Storeから無料ダウンロードします。

ダウンロードしたアプリを開いた後は、画面の指示通りに入力していくだけ。スマホの操作ができれば問題なくできます。

Echo DotをAmazonで見る→

Alexa(アレクサ)を使う

Echo Dotに声で命令したり、指示したりすると、CMやネットで言われているように、「搭載」されている人工知能Alexaがいろいろなことをやってくれます。

例えば最新ニュースや天気情報を聞かせてくれたり、スポーツの試合結果を教えてくれたり、音楽を聞かせてくれたり、料理レシピを読み上げてくれたり、家電品のon/offや操作をやってくれたり、「やることリスト」を作ってくれたり、アラームタイマーをセットしてくれたり……全部、声で指示するだけでAlexaがやってくれます。

この機能は、Echo Dotも、他のEcho(スタンダードEcho、Echo Plus、Echo Spot)も全く同じです。Echo Dotは低価格で小型ですが、能力に違いはありません。

Echo Dotと他のEchoの差は、内蔵スピーカーの差です。

Echo DotをAmazonで見る→

音質

Echo Dotには、0.6インチ(直径約1.5cm)というごく小さいスピーカーが内蔵されています。このスピーカーは、音声を聞くには問題ありませんが、音質は貧弱で、音楽には不向きです。

音楽を楽しみたいときは、Echo Dotに外部スピーカーを繋げることをお勧めします。(アマゾンもこれを推奨しています)3.5mmオーディオケーブル(線)やBluetoothで、高性能のステレオシステムやBluetoothスピーカーを鳴らすことができます。

今回のレビューでは、Bluetoothスピーカー「Bose SoundLink Color」を鳴らしてみました。(Echo Dot本体の音ではありません)

外部スピーカーを繋げるときは、Echo Dotと外部スピーカーを1メートル以上離すことが推奨されています。近過ぎると、外部スピーカーの音に邪魔されたEcho Dotが、あなたの声を聴き取れなくなるからです。

Echo DotとBluetoothスピーカーのペアリング(接続設定)は、Alexaアプリでやります。1度設定した後は、Echo Dot/Alexaに声で命じるだけで接続/解除できます。

Amazon.com

試しに聴いてみたのは(個人的な趣味で)スティーヴィー・ワンダー、レイ・チャールズ、そしてヒップホップのエミネム。スティーヴィー・ワンダーの「Stay Gold」や、レイ・チャールズの「わが心のジョージア」などは、深みのある豊かなサウンドと歌声の温かみがよく再現されていました。曲によっては、ハイハットシンバルに当るスティックの音までクリアに聴こえます。また、エミネムの「Cleanin’ Out My Closet」では、バスドラムのビートに迫力がありました。同じ曲をスタンダードEchoで聴くと、音がややぼやけた感じになり、わずかですが、くぐもって聴こえます。また、ボリュームを最大にすると、これも少しですが、スタンダードEchoでは音が割れていました。

Echo Dot単体で音楽を聴くことは、まずお勧めできません。小さな内蔵スピーカーで聴くと、「Stay Gold」や「Cleanin’ Out My Closet」では低音部にまったく力がなくなり、毛布でくるんだようにくぐもった感じになっていました。ただ、音楽以外のもの——タイマーのアラーム音や天気情報、ニュースなどを聞くぶんにはまったく問題ありません。

評定

すでに高価なオーディオセットを持っていて、スマートスピーカーの機能をいろいろ試してみたいと思っている人に、Echo Dotは最適。

ケーブルかBluetoothで繋ぐだけで、古くなってしまったハイエンドのオーディオシステムが生まれ変わります。古いオーディオシステムでメジャーな音楽配信を聴けるようになり、Alexaに話しかけて曲をリクエストしたりも可能に。

また、頻繁に話題になるスマートスピーカーを、とりあえず試してみたいという人にも、低価格のEcho Dotは魅力的な選択といえます。

こんな人にお勧め

  • すでに高性能のオーディオセットを持っている人
  • 話題のスマートスピーカーに興味がある人
  • すでにEchoを持っているけど、各部屋で家電操作をするために2台目、3台目がほしい人

Echo DotをAmazonで見てみる→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする