【Amazon Echo Dotレビュー】お手軽価格でアレクサを全部体験できる!

Echo Dotを買う→

これを買う理由

  • 圧倒的に安い
  • どこにでも置ける小ささ
  • すでに持っているスピーカーやオーディオセットと、ケーブル・Bluetoothで繋げられる

買うのを見送る理由

  • 内蔵スピーカーの音が弱い。音楽には外部スピーカーがほぼ必須
  • プラス6,000円程度で遥かに音のいいEcho(スタンダード)が買える
  • 本体色がグレー系しかない

スマートスピーカーを使ってみたいけど、1万円以上するスタンダードEchoは「高い」と感じている方に、このEcho Dot(エコー・ドット)は最適です。

Echo Dotは低価格ですが、最高ランクに入るスマートスピーカのひとつ。買っても役立つのか? と半信半疑のときや、とりあえず試してみたいというときに特にお勧めします。

また、すでに高性能のオーディオセットを持っているという音楽ファンにも、Echo Dotは賢い選択です。

デザイン

Echo Dot(エコー ドット)は、スムーズに丸い円盤形。側面がポリエステルのファブリック(織り目の粗い布)に覆われていて、ソフトなイメージです。

外周に沿って青く光る輪がステータス表示の役割をし、これの光り方を見れば作動状態が分かるようになっています。

光の輪の内側にポツポツと4つ並んだ穴は、いわばEchoの耳。穴の下に配置されたマイクが、あなたの声を聴き取ります。このマイクの感度の良さは、Echoの特長のひとつ。実際に試してみると、静かな屋内なら9m離れた場所から呼びかけても、ちゃんと聴き取ってくれます。ただ、Echo Dot自身が最大ボリュームで音楽を流しているときは、こちらも大声を出さないといけません。

底面には、貼りつく感じの粘着性樹脂がコーティングされ、滑らないようになっています。

天面は、光沢のないマット仕上げのプラスチック。そこに、ボリューム調節など4つのボタンがあります。「+」「−」印のボタンでボリュームの上げ下げを。右側のドット「・」印のボタンは「アクションボタン」といって、ここを押すとEcho Dotがあなたの命令や指示を聞く体勢に入ります。(声で「アレクサ」と呼びかけても同じことなので、このボタンはあまり使いません)

左側の「円に斜線」マークのボタンはマイクオフボタンで、これを押すと、Echoの耳である内蔵マイクをon/offできます。

ボディの色はチャコール(ほとんど黒)、サンドストーン(ほとんど白)、そしてヘザーグレー(標準的なグレー)の3色。どれも主張の少ないグレー系なので、様々なインテリアに溶け込みます。けれど、元気のいい色が好きな人には退屈かもしれません。このレビューではサンドストーンを使用しました。

Echo Dotは3色。左からチャコール/ヘザーグレー/サンドストーン(画像はamazon.co.jpより)

重量は300g、大玉リンゴ1個分くらいの重さ。他のEcho(スタンダードEcho、Echo Plus)と比べて軽いので、部屋から部屋へ楽に運べます。ただ、充電式ではないため、持ち運びながら使うことはできません。(電源コードをコンセントに差し込む必要があります。これは他のEchoも同じ)

Amazon.com

他のEchoと比べて小型のEcho Dotは、インテリアを邪魔しません。

Echo DotをAmazonで見る→

初期設定

買ったばかりのEcho Dotを使い始めるには、まず電源コードをコンセントに差し込んでから、専用のAlexaアプリで初期設定をします。

このAlexaアプリは、スマートフォンでGoogle PlayやApp Storeから無料ダウンロードします。

ダウンロードしたアプリを開いた後は、画面の指示通りに入力していくだけ。スマホの操作ができれば問題なくできます。

Echo DotをAmazonで見る→

Alexa(アレクサ)を使う

Echo Dotに声で命令したり、指示したりすると、CMやネットで言われているように、「搭載」されている人工知能Alexaがいろいろなことをやってくれます。

例えば最新ニュースや天気情報を聞かせてくれたり、音楽を聞かせてくれたり、料理レシピを読み上げてくれたり、家電品のon/offや操作をやってくれたり、「やることリスト」を作ってくれたり、アラームタイマーをセットしてくれたり……全部、声で指示するだけでAlexaがやってくれます。

また、2台のEcho同士で、まるでインターフォンのように通話できます。その2台が、遠く離れた家にあっても大丈夫。

こういった機能は、Echo Dotも、他のEcho(スタンダードEcho、Echo Plus、Echo Spot、Echo Show)も全く同じです。Echo Dotは低価格で小型ですが、能力に違いはありません。

Echo Dotと他のEchoの差は、内蔵スピーカーの差です。

Echo DotをAmazonで見る→

音質

Echo Dotには、1.6インチ(直径約4cm)という小さなスピーカーが内蔵されています。このスピーカーは、音声を聞くには問題ありませんが、音質は良いとはいえず、音楽には不向きです。

今回、試しに聴いてみたのは、(個人的な趣味で)ブルース・スプリングスティーン、プリンス、そしてヒップホップのエミネム。

音量3〜5程度(最大は10)では、高・中音域がなかなかクリアに出ます。スプリングスティーンの「涙のサンダーロード」では、歯切れのいいドラムのリムショットや、後半のサクソフォンのソロが明確に聴こえていました。ただ、低音部はほとんど聴こえない、と言っていいでしょう。これはEcho Dotに限らず、このサイズのスピーカーなら仕方ないことだと思います。

音量を上げて7を超えると、高音域も中音域も混然一体となり、全体としてややくぐもった感じになります。例えば、プリンスの「ラズベリー・ベレー」では、バックバンドの演奏に紛れてボーカルの輪郭がぼけた感じになりました。最大音量10にすると、音が割れます。

Echo Dot単体で音楽を聴くことは、あまりお勧めできません。特に、低音が魅力のロック系、ダンス系の曲は、Echo Dotでは楽しめないでしょう。ただ、音楽以外のもの——タイマーのアラーム音や天気情報、ニュースなどを聞くぶんにはまったく問題ありません。

音楽を十分に楽しみたいときは、Echo Dotに外部スピーカーを繋げることをお勧めします。(アマゾンもこれを推奨しています)3.5mmオーディオケーブルやBluetoothで、高性能のステレオシステムやBluetoothスピーカーを鳴らすことができます。

評定

すでに高価なオーディオセットを持っていて、スマートスピーカーの機能をいろいろ試してみたいと思っている人に、Echo Dotは最適。

ケーブルかBluetoothで繋ぐだけで、古くなってしまったハイエンドのオーディオシステムが生まれ変わります。古いオーディオシステムでメジャーな音楽配信を聴けるようになり、Alexaに話しかけて曲をリクエストしたりも可能に。

また、頻繁に話題になるスマートスピーカーを、とりあえず試してみたいという人にも、低価格のEcho Dotは魅力的な選択といえます。

こんな人にお勧め

  • すでに高性能のオーディオセットを持っている人
  • 話題のスマートスピーカーに興味がある人
  • すでにEchoを持っているけど、各部屋で家電操作をするために2台目、3台目がほしい人

Echo DotをAmazonで見てみる→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする