Amazon Echoでできること:照明のon/offをやらせた

さて、これまでは本筋からちょっと逸れて新発表のAmazon Echo(アマゾン エコー)各機種について触れたけど、ここらで本筋のEcho初体験記に戻ろうと思う。アメリカで初めてのEchoを買ってから1カ月後、いろいろ試した僕はいよいよホームオートメーションの領域に踏み込んだんだ。と言っても、電球のon/offだけだけど……

Echo/Alexa(アレクサ)に命令して照明のon/offをやらせるには、それに対応した電球が必要になる。加えて、ホームハブ(とかブリッジとか)呼ばれている小さな装置も必要になる。

こいつらの値段が結構した。当時、2つセットで60ドル(約6,700円)くらい。電球1個(LED)は15ドル前後、これにホームハブがセットになって、少し割安になっているけど、それでもこの値段だ。

それまで僕がEcho/Alexaにやらせて来たことは、全部無料だった。だから、ホームハブや電球を買うのにはやや躊躇した。

ところがある日、電球とホームハブのセットが20%オフになっているのを見つけたんだ。もちろん買ったよ。

(ホームハブというのは、電波の中継局みたいなもの。Echo/AlexaとホームハブはWiFi電波で結ばれ、ホームハブと専用電球は別の種類の電波で結ばれる。2つの電波の規格が違うから、仲を取り持つ中継局ホームハブが必要になる)

「電球2個+ホームハブ」のスターターキット

僕が買ったのはフィリップスの「Hue A19 Starter Kit」という、初めての人向けセット。これには、ホームハブ(フィリップスはこれを「ブリッジ」と言ってる)1個と、60Wのスマート電球(LED)が2個が入っている。Echo/Alexaに問題なく対応するというんで、アメリカじゃ結構売れていた。あと、スマート電球っていうのは普通の電球と違って、電波通信で点いたり消えたりするようになってる。

買って来たホームハブは、10cm四方くらいの白い小箱だった。同梱されているACアダプターのコードを差し込み、ACアダプター本体を壁のコンセントに差し込む。次に、これも同梱されているLANケーブルを白い小箱に差し込み、もう一方をWiFiルーターに差し込む。これで機器のセッティングは終り。

電球に名前を付ける

この後は、スマートフォンのAlexaアプリで設定をするんだ。何を設定するかというと、2つの電球にそれぞれ名前を付ける。こういうのが、ハイテクデバイスの面倒なところじゃないかな。電球に名前を付けておかないと、Alexaがどの電球をon/offしていいか分からない。

で、僕は、大抵の人がやるように、リビングの電球に「リビングルーム」、ベッドルームのには「ベッドルーム」と付けた。

もっとたくさんのスマート電球を家中に取り付けている人は、複数の電球をひとまとめにしてグループ名を付けることもできる。簡単な例を出すと、「1階(の電球全部)」と「2階(の電球全部)」をまとめられるんだ。そうしておいて「アレクサ、1階の電気を消してくれ」と命令すると、1階の電気をまとめて消してもらえる。

僕の場合、電球2個だから必要なかったけどね。

そして「アレクサ、リビングルームの電気を消してくれ」と言ったら、見事成功した。明るさを薄暗くしたりもできる。

Alexaに照明をon/offさせるのは面白いよ。特に最初のうちは、とても面白い。僕は必要も無いのに、1日何十回もon/offさせていた。